忍者ブログ
オタクが嫌いな荻上です。
[39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日、大野さんと春日部さんの合同コスプレ撮影会があった。

以前言ったように、大野さんはコスオタである。
そのこと自体は特に問題があるわけではない。
自分だけで楽しむ分には何も不満はない。
周囲を巻き込もうとするからタチが悪いのだ。
大野さんのせいで私は何度か被害に遭ったし、今でも常にその脅威にさらされている。
けど、春日部さんが受けたそれに比べればまだかわいいものだろう。
春日部さんはオタクではない。
当然、コスプレに対する抵抗は私以上にあるはずだ。
もちろん二人は友達同士だし、私の知らない部分もあるから一概には言えないけど、それでもあのげんなりとした表情を見れば、この撮影会をどんな気持ちで迎えたのかということも分かるというものである。
春日部さんは卒業するときに、まとめてコスプレをするという約束をしていた。
「そのとき」がやってきたのだ。

会場は大学の会議室を借りた。
関係者だけでの開催というごく小規模のものだが、衣装の量はハンパなものではなかった。
その数、ダンボール箱にして15箱。
半分は大野さんの分らしいけど、それでもすごい数だ。

撮影は田中先輩が行った。
田中先輩はサークルのOBで、大野さんの彼氏だ。
彼も同じくコスオタなのだけど、どちらかというと作る方に楽しみを覚えるタイプの人だ。
当然、大野さんとの相性は良く、二人が付き合うのは当然のことだと言える。

この日は斑目先輩も来ていた。
斑目先輩も同じくサークルのOBで、先々代会長、つまり笹原さんの前に会長職に就いていた人である。
大野さんを除けば、この場にいる誰よりもこの撮影会を楽しみにしていたと思う。
春日部さんのコスプレを見れる、最後の機会だったから。
実際には、私たちも全員立ち入り禁止で、大野さんと田中先輩以外その晴れ姿を堪能することは出来なかったんだけどね。
個人的に、斑目先輩には本当にお世話になった。
彼のおかげで私は笹原さんと付き合うことになった、と言っても過言ではない。
いや、ほんとーに。

撮影後、会議室からぐったりした春日部さんとテカテカした大野さんが出てきた。
対照的な二人の姿は、今でも脳裏に焼き付いている。
大野さんは嬉しそうにしていたけど、すぐに目に涙を浮かべて、春日部さんとしばらく抱きしめ合っていた。
私なんかが入り込めない、二人だけの思い出をかみ締めあっていたのだろう。
ちょっと悔しかった。

それはおそらく、嫉妬だったんだと思う。
今日の夜、昨日のことについて笹原さんにちょっとグチった。
そしたら、私はもうコスプレをする気はないのか、なんてことを尋ねられた。
即座に否定できなかった。
迷ったけど、つい口から「笹原さんがして欲しいのなら」という言葉がこぼれていた。
尋ね返されたけど、もうそれ以上は答えなかった。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
荻上千佳
性別:
女性
自己紹介:
登場人物

笹原さん:サークルの先輩。前会長。彼氏。強気攻め。
大野さん:サークルの先輩。現会長。コスオタ。
高坂さん:サークルの先輩。ゲームが上手い。総攻め。魔王。
春日部さん:サークルの先輩。オタクではない。
斑目先輩:サークルのOB。とてもお世話になった先輩。総受け。
田中先輩:サークルのOB。健気攻め。
スージー:奴はとんでもないものを盗んでいきました。
朽木:朽木。
バーコード
ブログ内検索